看護師の資格を持つと様々な職場で働く事が出来ます。

企業勤務の看護師の仕事にはどんなものがあるか

企業勤務の看護師の仕事にはどんなものがあるか

看護師が企業を職場としてら働く仕事のひとつとして、医務室や健康管理室で働の勤務があります。その魅力としてまず挙げられるのは、体力的な負担が少ない穏やかな環境で働けることです。病院からの離職理由で多いのが、「仕事がつらい」というものです。日中の激務に加えて夜勤のシフトによって生活が不規則になることで、体力の限界を感じたり体調を崩したりして離職に至ることが多くなっています。その点、企業勤務であれば普通の社員さんと同じ勤務時間になるので、夜勤はなく、また、基本的に土日祝日が休みになります。
また、収入面でもメリットがあります。働く企業によって差はありますが、日勤のみで考えた場合、病院で働く場合に比べて高収入になるケースがほとんどです。また、昇級に関しても実力や貢献度をきちんと評価に入れてくれるので、スキルアップによって収入を上げることができ、モチベーションもアップします。 さらに、外出できたり、ネイルやスーツなどのオシャレができたり、手帳や名刺入れなど社会人らしいものがもらえたりといったように「OL」として働けることも、特に若い方にとっては大きな魅力になっています。

また、医務室勤務以外の仕事として、医療機器メーカーで働くフィールドナースや、治験業務に携わる治験コーディネーター(CRC)、臨終開発モニター(CRA)などの職もあります。フィールドナースは、医療機器製品の営業とその製品のアフターフォローが主な仕事になります。人とのコミュニケーションが好きな方や、医療機器分野で能力を活かしたい方、英語力に自信のある方に適しています。CRCは、治験が正確かつ円滑に行われるように、治験被験者と医師や医療機関、製薬会社の間に立って調整・サポートをするのが仕事になります。治験中、治験後の被験者の様子をきめ細かくチェックし、ちょっとした変化を見逃さないようにしなければならないので、看護師としてのスキルをおおいに活かせる仕事です。CRAは、主に製薬会社の正社員として所属します。新薬を開発するにあたって必要な治験が的確・適正に行われているかどうかをモニタリングし、治験を裏から支える仕事です。最低限の理系の知識は必要ですが、事務的作業が多くなるため、事務処理能力の高い人が適しています。また、残業は多くなりますが仕事をした分が収入に反映されるので、やりがいのある職種です。

看護師の就職について